妊娠線対策

妊娠線の予防にベビーオイルは使える?効果的な方法やおススメ商品をご紹介

投稿日:

妊娠してお腹が大きくなる前に予防しておきたい「妊娠線」。
妊娠線はできてしまうと完全に消せないため、何とかできないように対策したいですよね。

妊娠線の予防には様々なクリームやオイルがありますが、ベビーオイルを使って
妊娠線予防する人もいます。果たしてベビーオイルが妊娠線予防に効果的なのか、
気になりますよね。

この記事では、妊娠線予防にベビーオイルは使えるのか、おススメのベビーオイルも
含めてご紹介していきます。

妊娠線とは?

妊娠線とは、大きくなったお腹やバストに突然現れる赤紫色の線のことです。

妊娠によってお腹が大きく膨らむことで、皮膚は強い力で引っ張られます。この時、皮膚の
表面は柔らかく伸びるのに対して、内部は固く伸びにくいため耐えきれずに肉割れを
起こしてしまいます。これが妊娠線となって表面に表れるのです。

妊娠中は体内が水分不足になりやすく、肌も乾燥して固くなっています。加えて体重が
増えて脂肪がつきやすくなるため、皮膚の肉割れが起きやすいのです。

妊娠線はお腹だけにできるものではありません。サイズアップしやすいバストや二の腕、
お尻やふくらはぎなど全身にできる可能性があります。

皮膚内部で起きた肉割れは皮膚の再生機能が弱いため、簡単に治りません。また直接傷口を
ケアできないので、完全に皮膚が再生するまでに時間がかかってしまうのです。そのため、
妊娠線はできる前に「できないように予防する」ことが大事なんです。

「ベビーオイル」はどんな商品なの?

ベビーオイルは、肌が薄く乾燥しやすい赤ちゃんでも使える保湿力の高いオイルです。
塗ることで表面に膜を作り、水分の蒸発を防いで肌のうるおいを保ってくれる効果が
あります。

妊娠線予防にベビーオイルは向いている?

通常の大人の肌には、皮脂が肌の表面を保護して水分の蒸発を防いでくれます。しかし
妊娠によって皮脂の量が減るため、肌は乾燥しやすい状態が続きます。加えて母体はお腹の
赤ちゃんに水分や血液を送るため、そもそもの水分量も減って乾燥肌になりやすいのです。

ベビーオイルはこのような乾燥した肌に塗ることで、膜を作りさらなる水分蒸発を
防いでくれるというわけです。

また、ベビーオイルは敏感な赤ちゃんの肌でも使えるように刺激の少ない成分で
できています。そのため、妊娠中に使ってもトラブルが起きにくいのがメリットです。

ただし、乾燥した肌を改善する美容成分や、潤いを与えて水分量を増やす保湿成分は
ベビーオイルに入っていないことが多いです。そのため、妊娠線ができてしまうのを
完全に防ぐことは難しいです。

ベビーオイルは、妊娠中の乾燥した肌の保護には役に立ちますが、妊娠線予防には
あまり効果が無いかもしれません。妊娠線予防で使うのであれば、保湿成分が入ったものや、
他の保湿クリームと組み合わせて使うのも一つの方法ですね。

妊娠線予防でベビーオイルを選ぶには

ベビーオイルは色んなブランドから販売されており、その特徴も様々です。
妊娠中は肌が敏感になりやすいので、自分の肌に合ったものを見極めて選ぶのが
よいでしょう。

オーガニック素材のベビーオイルが良い

妊娠中の敏感な肌には、自然由来の成分でできたベビーオイルがおススメです。
添加物などが入っていることで、中にはかゆみやかぶれなどのトラブルを起こすケースも
あります。

また、出産後もオーガニック素材であれば安心して赤ちゃんのケアにも使えるので、
一石二鳥ですよね。

肌のタイプに合わせてオイルの成分を選ぼう

ベビーオイルと言っても、含まれるオイルの成分は様々です。
代表的なオイルには、以下のようなものが挙げられます。

・ホホバオイル
・スウィートアーモンドオイル
・セサミオイル
・ヒマワリオイル
・グレープシードオイル
・ココナッツオイル
・マカダミアナッツオイル

オイルにもそれぞれ効果の特徴や香りの違いがありますので、自分の体質や好みに
合わせて選ぶのがおススメです。

肌の保湿力を高めたい、妊娠線をしっかり予防したい人には、保湿力が高く肌馴染みの
良いホホバオイルやスウィートアーモンドオイル、セサミオイルが良いでしょう。

肌が弱くもともと敏感な人は、ヒマワリオイルやココナッツオイル、グレープシード
オイルを選ぶとトラブルが起きにくいです。

妊娠中は肌トラブルが起きやすいので、可能なら事前にパッチテストをして大丈夫か
どうか試しておくのも良いですね。

大容量はあまりおススメできない

ベビーオイルは天然成分が多く含まれていて保存料が入っていないものが多いので、
長期間保存することができません。そのため大容量のパッケージよりも、小さいタイプの
方がおススメかもしれません。

毎日使うからもったいない、と大きめを買って使い切れないこともあります。
最初は小さいタイプから試してみるのがオススメです。

ベビーオイルを使った妊娠線予防の方法

ベビーオイルは、お風呂上がりに使うのが最も効果的です。
お風呂上がりには肌に水分がたっぷり馴染んでいるので、ベビーオイルで早く蓋をして
あげることで保湿力が高まります。

ベビーオイルは直接お腹などに塗るのではなく、一度手に広げると温まって塗りやすく
なります。マッサージするように優しく回しながら塗り込むのがいいでしょう。たっぷりと
オイルを手に取って塗ることが大事です。少量だと肌をこすって刺激を与えてしまいます。
ケチらずに使うのがコツですよ。

妊娠線の予防には、お腹周りだけではなく全身オイルでケアするのが重要です。
お尻や二の腕も妊娠線ができやすいので、しっかりとオイルを塗っておきましょうね。

お風呂上がり以外にも、外出前や着替えの前などオイルをこまめに塗るのも大事です。
妊娠後期には一日3~4回程度、こまめにオイルを塗って妊娠線を予防しましょう。

妊娠線予防に使えるおススメのベビーオイル

カレンデュラオイル・インフューズド

肌荒れや乾燥などのトラブルを予防する効果が高いカレンデュラの花を、スウィート
アーモンドオイルに漬け込んでエキスを抽出したオイルです。肌に塗ることで元気な
本来の肌機能を取り戻してくれる効果があります。

スウィートアーモンドオイルはビタミンEを含み、保湿だけではなく弾力のある肌に
導いてくれます。

専用のワンタッチキャップで使いやすい点と、香りが優しく癒される点が人気の理由です。
クリームなどに混ぜて使う人も多くいるようです。

ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料

赤ちゃんのスキンケアとして評判が高いジョンソンベビーのベビーオイルも、実は
妊娠線ケアに使いやすい商品です。赤ちゃんの肌にも安心して使える成分で、優しい
塗り心地が妊娠線のケアに適しています。無香料で妊娠初期でも使いやすいです。

KISO オーガニック・ホホバオイル エコサート認証成分 100%

100%の高純度ホホバオイルです。
ホホバオイルは人間の皮脂によく似た構造で、肌馴染みが良くすっと塗れるのが
良い点です。また、肌の保湿だけではなく肌のターンオーバーを促進するので、
できてしまった妊娠線のケアにも使えます。

妊娠線の予防だけではなく、髪や顔にも使えるので1本あると便利ですね。

ベビーブーバ ボディ&マッサージオイル

日本国内で作られているオーガニックのベビーオイルです。自然由来のオイルが豊富で、
保湿力が高いのが特徴です。ヒマワリ油やオリーブ油、マカダミアナッツ油など、
聞いたことのある天然成分が豊富なので、安心して使えますね。

伸びが良いオイルで少量でもマッサージがしやすく、妊娠線の予防に使いやすいです。
化学成分も一切含まれず、厳しい基準のもとで製造、販売されている商品です。
お腹の赤ちゃんのためにも安全性にこだわりたい!という人にピッタリです。

熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

日本製のオイルで、低刺激のミネラルオイルが使われています。ヒアルロン酸やセラミド
などの保湿成分が含まれているので、乾燥した妊婦さんの肌に高い潤いを与えてくれます。

無香料や無着色で、安心して使えます。手に取りやすいポンプ式のボトルなので、
手軽にケアが続けられるのもポイントですね。

原液スクワランオイル ベビーオイル

肌の成分にも含まれるスクラワンの原液オイルです。肌にもともとある成分なので、
大人はもとより赤ちゃんも使える安全性の高い商品です。

スクラワンが肌の乾燥を防いでくれるので、妊娠中の乾燥肌に適しています。さらっとした
軽いテクスチャーなので、肌へ浸透しやすいのも人気の理由です。

ベビーオイルとニベアクリームの併用がおススメな理由

最初にお伝えしたとおり、ベビーオイルだけでは妊娠線の予防の効果が不十分です。
そこでおすすめなのが、肌の保湿力を高めるニベアクリームとベビーオイルを併用する
方法です。

ニベアクリームには、肌の柔軟性を高めるグリセリンが入っています。妊娠中の固い肌に
効果的に働き、肌の弾力をアップしてくれます。さらにベビーオイルで肌表面の水分蒸発を
防ぐので、水分を肌に閉じ込めると同時に肌本来の弾力を取り戻して妊娠線を
予防してくれるのです。

使い方は、ニベアクリームをまず全身に塗ります。その後で、ベビーオイルを上から
重ねるのがよいでしょう。こうすることでオイルが蓋の役割をしてくれます。

あるいは、固めのニベアクリームに数滴ベビーオイルを混ぜて練り込むことで、
ニベアクリームが柔らかく塗りやすくなります。このクリームで全身マッサージするのも
有効的ですね。

ベビーオイルだけでは物足りない、不安だという人はニベアクリームとの併用を
ぜひ試してみてくださいね。

妊娠線を予防するなら妊娠線予防のクリームがおススメ

肌の水分蒸発を防ぎ、潤いを閉じ込めてくれるベビーオイル。しかし、妊娠線をしっかりと
予防したいのであれば、ベビーオイルだけでは不安かもしれません。

というのも、妊娠線は皮膚の内部で起こる肉割れです。皮膚の内部の組織を柔らかく、
弾力のある組織にしておくことが妊娠線予防において最も大事なんです。

ベビーオイルは、使う事で妊娠線ができてしまう可能性が高い「乾燥肌を防ぐ」ことが
できるアイテムです。しかし、妊娠線を防ぐための美容成分や保湿成分は含まれていません。

肌の乾燥をある程度防ぎたいならベビーオイルは役立ちます。しかし、妊娠線を予防したい
なら、やはり妊娠線クリームがおススメかもしれません。

ベビーオイル以外にできる妊娠線予防のケア

ベビーオイルを使ってケアをするだけではなく、妊娠線ができにくい状態を作るためには
次のようなセルフケアも効果的です。

水分をしっかりと取る

妊娠中はとにかく肌が乾燥しやすいです。この乾燥が妊娠線の最大の敵です。
肌の乾燥を防ぐには、水分をしっかりと補給して体内から潤う事も大事です。
妊娠中は1日2リットルを目安に、水分を取ることを意識してみてください。

カフェインや刺激の強い飲み物、甘い物はなるべく避けて、水やお茶などをこまめに
飲みましょう。冷えが気になる人はルイボスティーなど温かい飲み物もおススメですね。
ハーブティーも妊婦さんに人気が高いです。しかし、中には子宮収縮を促進するハーブなど
もあり、選ぶ際には注意が必要です。

部屋の温度や湿度を調整する

肌の乾燥を防ぐには、室内の湿度を一定キープするのも効果的です。
加湿器などを使って、部屋にも潤いを与えましょう。
冬場のエアコンなども乾燥の原因になりますので、見直してみるといいですよ。

急激な体重増加に気を付ける

急な体重増加によって、身体には脂肪がつき急に皮膚が引っ張られることになります。
これが妊娠線に繋がってしまいます。

体重コントロールは、妊娠線を予防する上でもとても大事です。ぜひ急な体重増加には
気を付けてくださいね。

野菜や果物をしっかりと食べる

肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えてくれるビタミンEやビタミンC。これらを意識して
摂ることで、肌の内側から妊娠線を予防することができます。

ビタミンは果物や野菜に豊富に含まれていますので、意識して食事に取り入れて
みてはいかがでしょうか?

まとめ

ベビーオイルは、妊娠線の予防に一定の効果が期待できるかもしれません。
しかし、妊娠線予防を目的に作られたものではなく、妊娠線をしっかりケアしたいのであれば
やはり妊娠線専用の予防クリームがおススメです。

ぜひ自分にあった方法で、妊娠線を予防してくださいね。

  
妊娠後の体のかゆみ・妊娠線予防の対策はどうしていますか?

 

かゆみが酷くて眠れない人はアロベビーフォーマムという妊娠線予防クリームがいいですよ♪

 

・妊娠してからいつもの化粧品があわない。
・かゆみが気になって寝苦しい
・なんだか肌質が変わって敏感になった気がする

アロベビーフォーマムはこんな人におすすめです。

>>かゆみ肌もしっとりする妊娠線予防クリーム



 

あとこれだけは言っておきたいのですが、普通の保湿剤(ワセリンやヒルドイド)などで妊娠線予防はできません!

保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。

 

そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。

 

普通の保湿剤は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防にはあまり適さないのです。

「シラノール誘導体」という成分を知って言いますか?

「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する力があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。

そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです

「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与えます。

 

保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として力を発揮するのですね。

 

>>「シラノール誘導体」入り妊娠線クリーム

 

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

 



 

妊娠線予防は早めの対策が必要です。

妊娠がわかったらぜひ妊娠線予防クリームで対策してみてくださいね。

 

-妊娠線対策

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.