妊娠線対策

妊娠線の予防クリームとしてニベアは大活躍!?使い方や注意点とは

投稿日:

妊娠線の予防クリームがたくさんある中で、市販のニベアを使って妊娠線予防をしている
人が多くいるのをご存知でしょうか?「有名なあのニベアで本当に妊娠線を予防
できるの?」と気になる人もいるでしょう。

そこで、この記事では、ニベアを使った妊娠線予防の方法や効果をご紹介します。

妊娠線とは?

妊娠線は、皮膚の内部で起こる肉割れのことです。

妊娠によってお腹が大きくなることで、皮膚は強い力で引っ張られます。この時、
皮膚の表面は柔らかく伸びやすいのに対し、皮膚内部は固くて伸びについていけずに
裂けてしまうことがあります。この裂け目から毛細血管などが見え、表面上には
赤紫色の縞模様として表れるのが妊娠線です。

妊娠線は、お腹やバストが急に大きくなる妊娠中期から後期にかけてできやすいです。
特に臨月近くになり急にお腹が出ることで、妊娠線が表れる人が多いです。

しかし、中には妊娠初期のお腹が目立たない時期から妊娠線ができる人もいますし、
妊娠中全く妊娠線ができないという人もいます。

ニベアとはどんなもの?

ニベアは、1911年にドイツのバイヤスドルフ社で作られた商品です。日本では、
1958年以降花王が製造・販売をしています。

ニベアの中でも特に有名なのが、青い缶が特徴の「ニベアクリーム」です。この缶一つで
身体だけではなく顔や髪など全身に使えて便利です。それでいて数百円で買えるという
価格の安さが人気の理由で、家庭に一つあるととても便利なアイテムです。

ニベアクリームに含まれる成分

ニベアクリームには、次のような成分が含まれています。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、
マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、
オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、
硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

ニベアクリームには、ワセリンやミネラルオイルなどの油性成分が中心のクリームです。
その中にホホバ油やスクラワンなどの保湿力が高い成分が入っており、肌の保湿ケアに
適していることが分かります。

ニベアが妊娠線の予防に効果的な理由

ニベアクリームに含まれる成分の中で「グリセリン」は肌の柔軟性をアップしてくれます。
また、ニベアに含まれる美容成分が肌の中に浸透するのを、助けてくれる役割があります。
ホホバ油は肌のターンオーバーにも効果的で、肌の弾力を上げる役割があります。

妊娠線は、肌の乾燥が原因でできてしまいます。特に肌の内部が固く弾力が無いと亀裂が
生じやすいのです。そのため、妊娠線の予防には肌の内部を保湿し、柔らかく瑞々しくして
おくことが大事なんですね。

その点ニベアは、肌の柔軟性を高めて保湿してくれるクリームなので、妊娠線の予防に
効果があると言えますね。

ニベアは妊娠中の人も安心して使える

また、ニベアの成分には、妊娠中に使うと良くない成分は含まれていません。ですので、
安心して妊娠中も使う事ができます。実際、商品ホームページには妊娠中の使用を
避けるような注意書きはありません。

妊娠中に毎日使うものだからこそ、安心して使えるニベアは妊娠線ケアに適していると
言えるんです。

ニベアが妊娠線予防のクリームとして人気の理由

ニベアが妊娠線予防に人気が高い理由は、その効果だけではありません。
ニベアはとにかくコスパが良いのが人気です。

妊娠線予防には、こまめに保湿をすることが最も効果的です。ニベアは大容量で安いので、
気兼ねなく一日に何度でも塗ることができます。

妊娠線予防に高いクリームを買っても、もったいなくて塗れない…という人もいる中で、
ニベアはどんどん使える点が嬉しいですよね。

また、ニベアは妊娠線の予防以外にも、肌の保湿や髪の保湿にも使えます。メイク前に
薄く顔にクリームを伸ばしてファンデーションを付けると、化粧崩れしにくい効果も
あります。

万が一ニベアを買って身体に合わなくても、他の使い方ができるので安心ですよね。
家族みんなで使える点も、人気の理由です。

妊娠線の予防は妊娠中期には始めよう

妊娠線は、お腹が大きくなり出す妊娠5か月頃には遅くとも始めるのがよいでしょう。
お腹が大きくなってからでは、常に肌が引っ張られており妊娠線がいつできても
おかしくありません。

早い人だと妊娠初期から妊娠線予防を始める人もいます。ただしつわりで体調が
安定しない時期はおススメできません。安心なニベアと言っても、妊娠で敏感になった
肌では合わないこともあります。落ち着いたタイミングで、早めに妊娠線ケアを
始めるのがいいですね。

妊娠線ケアとしてのニベアの効果的な使い方

ここからは、ニベアを使った妊娠線予防のケア方法を詳しくご紹介しますね。

たっぷりとクリームを手に取る

ニベアの保湿力を最大限に発揮するためには、たっぷりとクリームを塗ることが大事です。
クリームが固い時は手で温めて柔らかくして、塗りやすくしましょう。お腹周りはへそを
中心にマッサージするように塗ります。擦るのではなく、擦り込むように優しく何度も
円を掻くといいですね。

妊娠後期には、自分で見えなくなる恥骨付近やお腹の下あたりが塗りづらくなりますが、
ここに妊娠線ができやすいのでしっかりと塗りましょうね。

お腹だけではなく全身を保湿しよう

妊娠線ができるのはお腹だけではありません。大きくなるバストや二の腕、お尻や
太ももなども要注意です。お風呂上がりは特に全身を保湿するチャンスなので、
たっぷりのニベアで保湿マッサージをしてくださいね。

クリームが固い時はお風呂上がりに塗るとよい

ニベア缶のクリームは特に固めのテクスチャーなので、塗りづらいと感じることも
あるでしょう。そんな時は手のひらで温めると柔らかくなることが多いです。

それでも固い場合は、お風呂上がりの水滴が身体に残った状態で塗ってみるのも一つです。
水分が混ざり塗りやすくなります。塗った後はタオルで軽く水分を取る程度でOKですよ。

妊娠線ケアにおススメのニベア

ニベアシリーズの中でも、特に妊娠線予防におススメの商品をご紹介します。

ニベアクリーム 缶

ニベアの代名詞である「青缶」のクリームです。
大缶(169g)と中缶(56g)の2種類から選べます。大缶でも1つ500円程度で買えて
数か月使えるので、コストパフォーマンスが良いと評判です。

同じクリームで持ち運びしたい場合は、チューブタイプも実はおススメですよ。

ニベア スキンミルク

クリームというよりは乳液に近いタイプのニベアの保湿剤です。うるおいをキープする
ヒアルロン酸やアルギニンが配合されていて、すべすべの肌にしてくれます。
しっとりタイプやさっぱりタイプなどテクスチャーを選べるのも嬉しいですね。

ニベア プレミアム ボディミルク

「ドライスキン高保湿ミルク」であるプレミアムボディミルク。カモミールエキスや
マジョラムエキスが含まれていて、保湿力に優れています。保湿が高いのに塗りやすい
さらっとしたミルクで、肌への浸透も早く使い心地が良いです。

それでいて1本500円程度で買えるという点がかなりお得感がありますよね。
香りは上質なローズの香り。リラックス効果も高いです。

いろんな技が!ニベアをより効果的に使う方法

妊娠線の予防には、ニベアを単体で使うよりも更に効果を高める方法があります。

ベビーオイルと混ぜて柔らかくする

ニベアの青缶は特にクリームが固めなので、ベビーオイルを混ぜて柔らかい
テクスチャーにすることで塗りやすさが増します。

オイルを数滴手に取り、クリームを乗せて混ぜ合わせると、とろみのあるクリームに
変わります。これでマッサージすると気持ちいいし塗りやすいですよ。

オイルはドラッグストアなどで簡単に手に入ります。
人気なのはジョンソンエンドジョンソンのベビーオイル。赤ちゃんのケアにも
使えるものであれば産後も使えるとあって、人気が高いです。

ニベアクリームとニベアプレミアムのW使い

ニベアクリームだけでは保湿が不安、という人は、同じニベアのプレミアムを重ねて
使って効果をアップさせてみるのはいかがでしょうか?

ニベアは安くて不安…と高価なオイルを重ね付けしていた人が、試しに
ニベアプレミアムを重ねた所より肌が潤った!という口コミもあります。

無印良品のオイルと重ねて使う

より保湿力を高めるために、無印良品のオイルを同時に使うというのもおススメです。
無印良品には、スウィートアーモンドオイルやホホバオイルなど、スキンケアに使える
オイルがたくさん揃っています。さらっとしたテクスチャーなのに保湿力が高く、
お値段も安いので使い勝手が良いと妊婦さんに評判です。

ニベアで妊娠線予防をする際の注意点

コスパも良く効果が高いニベアですが、実は妊娠線を完全に予防することは難しいです。
というのも、ニベアは皮膚表面の角質層を保湿する効果が高い商品ですが、皮膚の内部の
保湿は充分ではありません。また、妊娠線はホルモンバランスの変化なども影響して
できるため、保湿だけでは十分にケアができないのです。

妊娠線をしっかりとケアしたい!予防したい!ということであれば、やはり
妊娠線専用のクリームを使うのがよいでしょう。

ニベアを使って妊娠線予防をする場合は、できてしまっても仕方ないかな…という程度に
期待しておくのが良いかもしれません。

ニベアと妊娠線専用のクリームの違いとは

ニベアと妊娠線クリームの違いは、保湿成分が届く範囲と美容成分の種類です。
先ほども言った通り、ニベアの保湿成分は肌表面を潤うのには充分ですが、皮膚内部の
保湿には妊娠線クリームの方が、効果が高いです。

また、肌の弾力をアップし柔らかくする効果の高い成分も、ニベアには含まれていません。

ですので、妊娠線予防を重視したいなら妊娠線クリームを使うのがやはり良さそうです。
妊娠線ケアはしたいけど、あまりお金を掛けたくない…という人は、ニベアクリームで
妊娠線ケアをするのも一つの手ですね。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線クリームを選ぶポイントは、次のような点が挙げられます。

肌の内部まで保湿成分が届くかどうか

妊娠線のケアには肌内部の保湿が欠かせません。シラノール誘導体など保湿力に
優れた成分が入っている妊娠線クリームは、予防の効果がかなり期待できます。

美容成分が入っているかどうか

また、肌の弾力を高めるための美容成分が含まれているかもチェックポイントです。
自然由来の保湿成分や、最新の研究で開発された美容成分などが入っているものなど
選ぶのもおススメですね。

香りが強くないもの

妊娠初期から妊娠線ケアを始める人にとって、香りが強いものはつわりを悪化させる
原因になりますよね。また、悪阻が終わっても妊娠中はちょっとしたことで体調が
崩れやすくなります。できれば香りが強すぎず、癒し効果のあるものがおススメです。

塗りやすいテクスチャーかどうか

妊娠線のケアは、お腹だけではなくバストや二の腕など全身をケアする必要があります。
広い範囲に塗るので、塗りやすい柔らかいクリームやオイルを選ぶのもポイントです。
また、塗りやすいボトルかどうかも重要なポイント。蓋の開け閉めが面倒なものよりも、
さっと手に取れるポンプタイプの方が人気です。

買いやすい値段かどうか

妊娠線クリームは毎日使うものなので、長い時間続けても大丈夫な値段のものを
買うようにしましょう。

おススメの妊娠線クリーム

それではポイントを踏まえて、おススメの妊娠線クリームをご紹介します。

アロベビーフォーマム

成分の90%以上が天然由来でできているアロベビーフォーマムは、妊婦さんや
赤ちゃんのケアに特化したオーガニックブランドの商品です。ヒアルロン酸の約10倍もの
保湿力があるサクランと高保湿が持続するアクアキシルが含まれており、高い保湿力を
誇っています。

植物由来の抗炎症成分も7種類配合されているので、乾燥による肌のかゆみや炎症を
抑える効果も高いです。

塗りやすい柔らかいクリームで、ボトル1本あたりで2か月使えるコスパの良さも
人気です。3本セットで7,920円の買い切りタイプなので、度々買い足す必要もないのが
便利と評判です。

ママ&キッズナチュラルマーククリーム

妊婦向けの雑誌やメディアでよく取り上げられる、知名度の高いクリームです。
無香料タイプで妊娠初期からも使えて、産後の赤ちゃんのケアにも使いやすいです。
ダブルコラーゲンやエラスチンサポート成分が、肌の弾力をアップし柔らかくハリの
ある肌にしてくれます。

オーガニックの高級オイルも含まれていて、コストパフォーマンスも良いので
人気が高いです。

miteteマタニティクリーム

妊婦さんや出産経験のあるママなど100人の意見を取り入れて作られた妊娠線クリーム
です。塗ると肌がほんのり暖かくなる成分が含まれていて冷え性に効果があります。
また、塗った後のべたつきが気になったという声から、べたつかないさらっとした
使用感を追求しています。

実際に妊娠線をケアしていた人たちだからこそ感じた悩みを解決してくれる、
素敵な商品です。

コスパ重視ならニベア、妊娠線ケアを重視なら妊娠線クリーム

ニベアは妊娠線のケアに一定の効果がありますが、一方で妊娠線クリームと比べると
効果は劣ります。

コストパフォーマンス重視で使いたい人にはニベアでのケア、妊娠線をしっかり
ケアしたい人は妊娠線クリームでのケアがそれぞれおススメです。
自分の希望に合う方法で、妊娠線ケアを進めてみてくださいね!

-妊娠線対策

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.