妊娠中のかゆみ対策

妊娠中にかゆみ止めの薬はNG?妊婦に起こりやすい肌トラブルとは

投稿日:

妊娠してから次々と起こるマイナートラブルに悩んでいる人も多いですよね。

私は妊娠3ヶ月頃から全身にかゆみが起こり、妊娠後期には強いかゆみで寝不足の
日々が続きました。
夫に相談するも「かゆいくらい我慢できるでしょう?」と笑われ、
とても辛かったのを覚えています。

あまりにもかゆみが酷くて、かゆみ止めクリームを塗ったり保湿したりと工夫しました。
でもなかなか治まらず、インターネットで調べたところ、妊娠中の肌トラブルの原因や
対処法を知ることができました。

今回は、私が調べた妊娠中の肌のかゆみについて、原因や対処法をお伝えします。
同じように肌のかゆみに悩まされている妊婦さんの力になれれば、とても嬉しいです。

妊娠中に肌がかゆくなる原因とは

妊娠中に肌がかゆくなる原因は、実はいくつかあります。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、体内ではホルモンバランスが変化し様々な不調が起きます。
特に女性ホルモンのプロゲステロンが増えることで皮脂の分泌が増え、毛穴が詰まり
肌荒れやかゆみを引き起こします。

また、同じ女性ホルモンのエストロゲンも増えることで水分不足や色素沈着が
起こりやすくなります。

生理前にニキビや肌荒れが起きやすくなるのと同じような現象ですが、妊娠すると
女性ホルモンの量が急激に変わるため、かゆみなどの不調がはっきりと現れやすいのです。

つわりによって栄養不足になるため

妊娠中、特に妊娠初期はつわりが始まると思うように食事が摂れなくなることが
ありますよね。お腹の赤ちゃんは元々蓄えていた母体の栄養で育つので問題ないですが、
母体はやはり栄養が不足し偏ることで様々な不調が起きることがあります。
肌のかゆみもその一つだと考えられています。

水分不足による肌の乾燥

また、妊娠初期につわりで水分が思うように摂れなくなることもあり、水分不足で
悩まされる妊婦さんは非常に多いです。

妊娠が進むと、お腹の赤ちゃんに水分や血液が送られるため、母体は水分不足に
なりやすい状態が続きます。これにより肌が乾燥し、外部からの刺激に弱くなって
しまうのです。刺激に弱い肌は、かゆくなり赤く腫れることがあります。

妊娠線ができる前触れ

かゆみと同時に皮膚が引っ張られてピリピリとした感覚がある時は、妊娠線が
できてしまう前触れかもしれません。

妊娠線は、お腹やバストが急に大きくなることで皮膚が引っ張られ、耐えきれずに
肉割れを起こしてしまう現象です。皮膚の表面は水分量が多く柔らかいので伸びますが、
内部は脂肪でできていて固いため、急な伸びにはついていけません。

そのため、亀裂が入ったように割れてしまい、その傷口が表面に赤紫色の線となって
現れるのです。

妊娠線ができる前は、皮膚は強い力で引っ張られ続けています。そのため、痛みや
かゆみを生じやすいのです。

妊娠中に起こる皮膚疾患

妊娠によって妊娠性の皮膚疾患を発症する人も多くいます。
妊娠性の皮膚疾患は、ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥など妊娠によって起こる
トラブルが原因で発症すると考えられています。

妊娠中に起こりやすいかゆみを伴う皮膚疾患

妊娠性痒疹

妊娠中に起こる皮膚疾患で最も多いのが妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)です。

妊娠性痒疹は妊娠初期、特に妊娠4か月頃に発症することが多く、手足やお腹に強い
かゆみが起こり発疹も見られます。かゆみが強く、掻いているうちに傷や色素が残り、
産後も跡が残ってしまうことがあります。

治療法としては、ステロイド剤を使ってかゆみを抑える他、抗アレルギー薬や
抗ヒスタミン薬を処方されることもあります。ただし、かゆみ止めの薬を使っても
かゆみが続くことがあり、出産するまで悩まされる人も多いです。

出産後は自然と症状が治まることがほとんどです。

妊娠性痒疹は、2回目以降の妊娠時に発症する事が多いです。しかし、稀に初産婦も
発症する事があります。

多胎妊娠痒

妊娠性痒疹によく似た症状で、妊娠後期に発症するのが「多形妊娠疹(たたいにんしんしん)」
です。多胎妊娠疹はPEPやPUPPPとも言われます。手足やお腹周り、バストや
妊娠線の周りにかゆみと発疹が出る病気です。蕁麻疹のような発疹でかゆみを伴うので、
見た目も辛そうな病気です。

妊娠線痒疹と区別することが専門家でも難しく、治療法も同じくステロイド外用薬と
飲み薬を使います。

妊娠性掻痒症

妊娠性掻痒症(にんしんせいそうようしょう)は、強いかゆみが起きる皮膚疾患です。
しかし、赤い発疹は見られずにかゆみだけが起こるため、発症に気付きにくいです。
どこがかゆいのか分からず全身掻きむしってしまう人が多く、掻いた跡が傷になって
残ってしまう人も多いです。

治療法は、保湿剤によって肌の乾燥を改善します。傷の状態によっては
ステロイド外用薬などを用いることもあります。

アトピー性皮膚炎の悪化

もともと妊娠前にアトピー性皮膚炎を持っていた人が、妊娠によって症状が悪化して
しまうケースもあります。

特に妊娠によって肌が乾燥するため、かゆみが急に現れる人も少なくないようです。
また、代謝が良くなり汗をかきやすくなるので、肌荒れが悪化する人もいます。

治療法はアトピー性皮膚炎の治療と同じく、保湿剤やステロイド剤を使います。
幼い頃にアトピー性皮膚炎があり、大人になって症状が落ち着いていた人は注意が
必要です。特に首回りや乳首など皮膚が薄いところに突然かゆみが起きることがあります。

乳首は出産後の授乳期に入ると治療が難しくなるので、症状が出たら早めに治して
おきましょうね。

下肢静脈瘤・うっ滞性皮膚炎

妊娠して子宮が大きく成長すると、脚に下がった血流が上がりにくくなります。
またホルモンバランスの変化によって血管が膨らむため、脚の血管にこぶのような
膨らみができることがあります(下肢静脈瘤)。

この周りに湿疹ができ、かゆみが起きることがあります。
足のむくみ同様、着圧ストッキングなどを使って血流を改善させることが大事です。

妊娠中の皮膚疾患は市販のかゆみ止めクリームで治せる?

強いかゆみや発疹が表れたら皮膚疾患の可能性も考えられます。しかし、忙しくて
皮膚科にすぐ行けないという人もいるでしょう。また、かゆみが酷くてとりあえず
かゆいのを抑えたい!と市販のかゆみ止めクリームを使いたいと考えるかもしれません。
実際、私もかゆくて最初にかゆみ止めクリームを使いました。

市販のかゆみ止めクリームの中には、乾燥からくるかゆみに効果的な成分が含まれた
薬もあります。これらを塗ることでかゆみが治まるケースも多く見られます。

一方で、実は妊娠中に使うのが望ましくない成分が入っているクリームもあり、かゆみや
発疹が悪化してしまうケースもあります。ですので、使い方には注意が必要なんですね。

できれば、市販のかゆみ止めクリームは応急処置として使う程度にとどめておくのが
よいでしょう。早めに専門の皮膚科に行き、診察を受けるのがよいですね。

また、市販薬でかゆみが治まっても、薬を止めると症状がぶり返すこともあります。
根本的な治療にはやはり病院にかかるのがよさそうです。

皮膚疾患かと思ったら病院で早期の治療を

妊娠中に産婦人科以外の病院に通うのは、抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし、妊娠中だからこそ専門の医師に相談する方が安心なんです。

皮膚科でも、妊娠中であることを伝えれば適切な処置をしてくれます。妊婦さんでも
妊娠の時期や症状に合わせて使える薬を処方してくれますし、使い方のアドバイスも
受けることができます。

どうしても不安な場合は、産婦人科の先生にまず相談してみるのも一つの手です。
連携した皮膚科や専門医を紹介してくれることもあります。
産婦人科以外の病院にかかる時は、母子手帳やお薬手帳を持参するのがいいですね。

私は皮膚科を受診し、ステロイド剤のキンダベート軟膏と保湿剤を処方してもらいました。
早速塗り始めて数日後にはかゆみが随分楽になりましたよ。

妊娠中のステロイド剤は使用してもいいの?

皮膚科を受診すると、ステロイド剤を処方されることがあります。特に妊娠中の
皮膚疾患にはステロイド外用薬で治療することがほとんどです。

でも、医師が処方したとはいえ、ステロイドを妊娠中に使ってもいいのかな…と
不安になることもありますよね。

ステロイドは、適量を適切に使えばお腹の赤ちゃんにまず影響がないことが分かって
います。特に外用薬の場合は、皮膚から吸収されるステロイド成分は微量ですので、
赤ちゃんえの影響はほぼないと言えます。ですので、安心して使って大丈夫ですよ。

ステロイドは怖いからと言って薬を使うのを控えていると、かゆみが益々悪化して
ストレスも増えてしまいますよね。それよりも、適切に薬を使って早くかゆみを
無くす方が良いと思います。

自宅でもできる妊娠中のかゆみケア

病院での薬を使ってかゆみが治まっても、完全にかゆみが無くならないケースもあります。
そんな時は、自宅でもできるセルフケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

肌を保湿する

ステロイド成分は、主に炎症を抑える効果があります。それ以外に肌が乾燥していることで
かゆみが起きている場合には、保湿成分で肌の乾燥を改善することでかゆみが治まります。
肌の乾燥を改善することでかゆみが楽になるケースはたくさんありますので、
ぜひ保湿をしっかりするようにしてみてください。

市販の保湿剤や保湿クリームを使う時は、医師の処方薬と併用してよいか、皮膚科や
産婦人科あるいは薬剤師さんに確認してから使うとよいでしょう。稀に成分が
重複していて過剰になるケースがあります。

肌を保湿する時は、たっぷりの保湿クリームを手に取って優しく塗り込むのが
おススメです。強くこすると、それが刺激になりかゆみを悪化させる原因となります。

手や足、お腹周りなど乾燥している部分を中心に、マッサージしながら塗るとリラックス
もできていいですよ。お風呂上がりやお出かけ前など1日数回、こまめに塗るのが
おススメです。

妊娠線ケアには専用の保湿クリームがおススメ

肌の乾燥と同時に妊娠線を予防したい場合は、妊娠線専用のクリームを使うのが
おススメです。

なぜなら、妊娠線は肌の内部で起こる肉割れなので、皮膚内部の保湿をすることが
予防につながります。しかし、市販の保湿剤では表面にしか成分が届かず、皮膚内部の
保湿が完全にできません。結果、乾燥やかゆみは治まっても妊娠線ができてしまう
ケースがあります。

実際、私も妊娠線クリームで保湿をしたところ、妊娠線もできずにかゆみが治まり
一石二鳥でした。妊娠線クリームは妊婦さんが使っても安全な成分でできているのも
ありがたいですよね。

お風呂に入る方法を工夫する

肌のかゆみが強い時は特に、お風呂の入り方を工夫するのがおススメです。
熱すぎるお湯はかゆみを増す原因になりますので、ややぬるめの38~39℃くらいのお湯に
設定するのがよいでしょう。

身体を洗う時、かゆいとついナイロンタオルでゴシゴシしたくなりますよね。
でもこれも刺激になりかゆみを悪化させます。できれば泡を手にたっぷり取って、優しく
泡で洗うようにしましょう。泡は残らないようにしっかりと洗い流すのがいいですね。

赤ちゃんでも使えるような低刺激のボディソープやシャンプーに変えることで、
肌の状態が改善することもあります。

お風呂上がりに使うバスタオルも柔らかい素材がおススメです。擦らずに水分を
しっかりとふき取り、保湿する事を忘れないようにしましょうね。

綿素材の下着や衣服に変える

肌に直接触れる下着や服も、妊娠中はちょっとした刺激になりかゆみを悪化させます。
通気性が良く肌当たりの良い綿素材やオーガニックコットンのものに変えると、
かゆみが治まることがあります。
インナーは締め付けのない、ゆったりしたサイズを選ぶのがポイントです。

また、ブラジャーは自宅にいる時は付けないのがおススメです!不安な人は
ブラトップや授乳キャミソールを使うといいですよ。

どうしてもかゆい時は保冷剤で冷やす

保湿や衣服を変えても、かゆくてかゆくて眠れない!辛い!!という時もありますよね。
そんな時は保冷剤をかゆいところに当てると楽になることがあります。

直接保冷剤をあてると冷えすぎるので、薄いハンカチやガーゼに包んで当てて
みてください。スーッとしてかゆみが治まると思います。

ただ、これは一時的に冷やして神経の感覚を無くすだけなので、根本的なかゆみの
解決にはならないので注意してくださいね。また、妊娠中の冷えにも注意ですよ。

まとめ

妊娠中の肌のかゆみは本当に辛いですよね。薬を使っていいのか、病院へ行ってもいいのか、
不安なことも多いと思います。また、お腹の赤ちゃんには影響が無いのか…など心配も
尽きないですよね。

しかし、妊娠中の肌のかゆみは、出産後には改善することがほとんどです。
あまり神経質にならずに、落ち着いてかゆみを対処してくださいね。

また、不安な時こそ医師に相談し、適切な指示を受けると安心できますよ。
かゆみくらいで…と思わずに、辛い時は早めに病院に行くようにしましょうね。

早くかゆみが落ち着いて、楽しいマタニティライフが過ごせるように祈っています!

-妊娠中のかゆみ対策

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.