妊娠中のかゆみ対策

妊婦の乾燥対策にピッタリ!肌のかゆみに使えるおススメ保湿クリーム

投稿日:

妊娠すると肌が乾燥してかゆくなるという人が非常に多いです。
私も妊娠中に全身カサカサでかゆみがひどくなり、毎日辛い時期がありました。

そこで、この記事では、妊婦の乾燥肌やかゆみにおススメの対策をご紹介します。
妊婦に人気の高い保湿クリームもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ妊婦は肌のかゆみや乾燥が起こりやすい?

妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠すると体内ではホルモンのバランスが乱れ、様々なトラブルが起きます。
乾燥もその一つだと言われています。特に、妊娠初期にかゆみが起こるのは、
ホルモンバランスが変わることによる影響が大きいと考えられています。

妊娠していなくても、生理前になると肌荒れや肌の調子が下がることってありますよね?
それと同じような現象です。

つわりによって食生活が乱れる

また、妊娠初期にはつわりによって食事が思うように摂れないことで、栄養バランスが偏り、
肌トラブルが起きることもあります。
ビタミン類は肌をきれいに保ってくれるので、食べられそうなら取り入れるといいですよ。

水分不足による肌の乾燥

妊娠すると、母体ではお腹の赤ちゃんに血液や水分が送られるようになります。そのため、
母体は水分不足になりやすい状態が続きます。体内の水分が減ると、肌の水分量も減り乾燥します。
これによって肌はかゆみを生じることがあります。
水分不足による乾燥は妊娠中、いつでも起こりやすいです。

お腹やバストの急な成長による皮膚の伸び

妊娠中期や後期には、お腹やバストが大きく膨らみます。その時肌も引っ張られるので、
刺激を受けてかゆみを生じることがあります。
二の腕やお尻など、脂肪がつきやすい箇所は特に皮膚の伸びによってかゆみが起きやすいです。

急な皮膚の伸びは妊娠線ができる原因にも

妊婦の乾燥している肌は、固く伸びにくい状態です。そこに急に力が加わって引っ張られると、
力についていけずに皮膚の内部で肉割れが起きてしまう事があります。裂け目は、皮膚の表面に
赤黒い縞々の線となって現れることがあります。これが「妊娠線」です。

肌の乾燥と急激な体重増加が、妊娠線のできる主な原因です。ですので、この二つは
しっかりと対策をして、妊娠線ができないようにしたいですよね。

衣服や肌着が擦れて刺激になる

妊娠により、母体は脂肪を蓄え大きく成長していきます。そのため、妊娠前から着ていた
お洋服や下着のサイズが小さくなり、場合によっては擦れや締め付けによってかゆみを起こすことがあります。

特にブラジャーやインナーのゴム部分など、直接生地が肌に触れる部分は、
かゆみや赤みを起こしやすいです。

また、乾燥した肌は外部からの刺激に弱いため、化学繊維などチクチクするものがあたることで
かゆみが起きることもあります。首回りや太ももなどにかゆみがある場合は、
衣服の擦れかもしれませんね。

妊娠中に起こりやすい皮膚疾患の可能性も

妊娠中の肌のかゆみには、皮膚疾患の可能性もあります。かゆみや乾燥だけではなく、
発疹や腫れが起きている場合は、早めに皮膚科で診察してもらうのがよいでしょう。
また、発疹が見られなくても、全身で強いかゆみが起きている場合も皮膚疾患かもしれません。
辛い症状が続く時は、自己判断せずに早めに医師に相談するのがいいですね。

妊婦の乾燥肌やかゆみにおススメの対策

原因が分かったところで、では妊婦の乾燥肌やかゆみはどのように対処すればよいでしょうか?

たっぷりと水分を摂る習慣をつける

妊娠中は、思っている以上にお腹の赤ちゃんに水分が取られます。
意識して水分補給をするようにしてください。
飲み過ぎるとむくみの原因になりますので、1日2リットルを目安に水分を摂るのがおススメです。

飲むものは水や麦茶などを中心にし、刺激の強いものやカフェインが含まれたもの、
甘味料の多い飲料は大量に飲むのを避けるのがいいですね。冷たい物を飲み過ぎると
身体が冷えるので、ルイボスティーなど温かいドリンクを取り入れるのもおススメです。

ハーブティーはカフェインが含まれず癒しの効果もあるのでおススメです。しかし、
中には妊婦さんが避けた方が良い成分のものもありますので注意してくださいね。

お風呂の入り方を工夫する

お風呂、特に湯船のお湯が熱すぎることで、肌のかゆみが増してしまうことがあります。
また、熱すぎるお湯は肌表面の水分蒸発を促進するため、乾燥が進んでしまうこともあります。

乾燥やかゆみが気になる時は、ぬるめのお湯につかるのがおススメです。
38~39℃くらいの温度がベストです。
また、長風呂をすると肌の水分蒸発が進んでしまいます。長くても15分程度にしておくのがいいですね。

ボディーソープやシャンプーが乾燥肌に刺激を与え、かゆくなってしまうことがあります。
なるべく低刺激のものを使い、優しく洗うのがポイントです。
乾燥肌の対策に入浴剤を使う人もいますが、香りが強いものや成分に注意して選ぶようにしてくださいね。

肌に刺激の少ない衣服や下着に変える

下着や衣服のサイズを大きくし、ゆったりしたものに変えることで肌のかゆみが治まることが
あります。また、擦れていた部分の炎症が治まることもあります。

特に下着は、通気性の良い綿の素材や、オーガニックコットンなど肌に優しい素材のものを
選ぶのがおススメです。産後も使える授乳ブラを使う場合は、赤ちゃんに触れても大丈夫な
優しい素材を選んでおくことで、長く使えて一石二鳥ですね。

部屋の温度や湿度を快適にする

特に冬は乾燥しやすく、肌もトラブルが起きやすいです。
部屋の中の湿度を45~60%くらいに保つようにするとよいでしょう。
また、エアコン暖房を使う事で乾燥がひどくなったりするケースもあります。
加湿器などを上手に使って、部屋全体の保湿も意識してみるといいでしょう。

長時間の紫外線を避ける

夏場は特に、外の紫外線が刺激となって肌のかゆみや乾燥を起こすこともあります。
外出時には日傘やケープ、帽子などを使って紫外線対策をしてください。

保湿剤を使って肌を保湿する

乾燥肌の改善やかゆみを抑えるには、何といっても「保湿」が重要です。
保湿成分が含まれたクリームを塗って、肌を保湿してください。

ポイントは、こまめに塗ること。お風呂上がりや外出前、寝る前など1日数回に分け、
たっぷりと塗るとよいですね。クリームは充分な量を手に取って優しく塗り込むのがおススメです。

妊婦にぴったりの保湿クリームの選び方のポイント

肌の保湿ができる「保湿クリーム」はたくさん売られていますよね。
どれがいいのか、選び方のポイントをご紹介します。

刺激の少ない安心成分のもの

妊婦さんは、妊娠前よりも肌の状態が敏感になっています。刺激が強い成分が含まれた
クリームを使う事で、逆に刺激になってかゆみや乾燥が悪化するケースもあります。
肌に優しい成分が含まれたクリームを選ぶようにしましょう。

オーガニックのクリームなら、刺激も少なく肌に優しいので妊娠中におススメです。
産後の赤ちゃんのケアにも使えるので、嬉しいですよね。

塗りやすい形状かどうか

保湿クリームと一言で言っても、その固さは様々です。
広い範囲にクリームを塗りたい場合は、広げやすい柔らかいタイプのクリームがおススメです。
固いクリームだと塗りづらく、擦って肌を傷つけてしまう可能性もあります。

一方、局所的にかゆみが強い場合などは、ピンポイントで塗れるクリームがおススメです。
大容量のチューブタイプだと、出すクリームの量が多くなって塗りづらい…なんてこともあります。

臭いが強いものや刺激的なものは避ける

特に妊娠初期には、強いニオイでつわりが悪化する人もいます。
妊娠前に好きだった香りも、妊娠によってダメになるケースがありますので注意が必要ですね。
妊婦さん専用のクリームは香りが抑えられているものが多いのでおススメです。

乾燥肌やかゆみ肌で悩む妊婦におススメ!保湿クリーム

妊婦でも安心して使える保湿クリームをご紹介しますね。

ニベアクリーム

青色の大缶に入ったニベアクリームは、妊娠中の乾燥肌のケアに大人気のクリームです。
人気の理由はコストパフォーマンスの高さ。大きな缶にたっぷり入って価格が400円程度なので、
毎日惜しげもなく使う事ができますよね。

保湿効果の高い成分が豊富で柔らかいクリームなので、お腹やバストなど広い範囲に塗るのに
適しています。固くて塗りづらい時は、オイルと合わせて使うという人もいるようです。

ただし、ニベアの保湿成分は肌の表面しか行き渡らず、肌の内部にできる妊娠線のケアには
不十分…なんて口コミもあります。乾燥肌の対策には充分使えますが、妊娠線を予防するには
あと一歩足りないかもしれませんね。

キュレル クリーム

乾燥肌のケアに特化したキュレルの保湿クリームは、妊娠中にも安心して使える商品です。
柔らかいクリームで塗りやすいですが、油分が多めなので真冬以外はべたつきが気になるという声も
ありました。乾燥がひどくかゆみによって傷などがある場合には使いやすいクリームですね。

ジョンソンボディケア エクストラケア 高保湿ローション

ボディーミルクに近いクリームなので、広範囲に塗るのがとても楽です。香りも良く、
保湿しながら癒される人も多いようです。ドラッグストアで手軽に買え、価格も1000円以内で
手に入る点が人気の理由です。

アベンヌ トリクセラプラス エモリエントクリーム

フランスのスキンケアブランド「アベンヌ」の保湿クリームも妊婦さんの乾燥肌に
おススメのクリームです。アベンヌは低刺激で敏感な肌の人でも使えるような成分で
できている商品なので、刺激に弱い妊婦さんでも安心です。

アベンヌの代表であるアベンヌ温泉水が含まれているので、肌の乾燥やかゆみを抑える上に
肌をきれいに整えてくれる効果が期待できます。
アルコールフリーで弱酸性、無香料無着色で、産後も安心して使えますね。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

妊婦専用の保湿クリームで人気のママ&キッズ ナチュラルマーククリーム。
妊娠中のボディケア専用のクリームなので、妊娠中の体に合わせて刺激のない成分でできていて安心です。
産後は赤ちゃんの入浴後のケアにも使えるほど低刺激。出産までに使い切れなくても大丈夫です。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリームはボトルのサイズが選べ、120gのお試しサイズもあります。
気になる人はお試しサイズから始めるのもいいですね。

アロベビーフォーマム

保湿成分の高い妊娠線専用のクリームも、妊娠中の乾燥肌やかゆみに効果的です。
アロベビーフォーマムには、ヒアルロン酸の10倍程度の保水力がある成分が含まれています。
そのため、保湿力が高く乾燥した肌を改善してくれます。

また、植物由来の抗炎症成分も含まれているので、かゆみを鎮めてくれる効果もあります。
乾燥以外のかゆみのケースでも効果があるのが嬉しいですね。

もちろん、妊娠線予防のクリームなので、保湿成分が皮膚内部まで浸透し
妊娠線の予防をしっかりとしてくれるのも嬉しいですよね。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠中の肌のかゆみや乾燥肌には、保湿がとにかく大事です。
自分に合う保湿クリームを選んで、乾燥を防いでくださいね。

-妊娠中のかゆみ対策

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.