妊娠中のかゆみ対策

妊婦におススメの痒み止めクリームとは?妊娠中の肌トラブル

投稿日:

妊娠中に起こる様々なトラブルの中でも、多くの妊婦さんが悩むのが「肌のかゆみ」です。
妊婦さんのほとんどが、多かれ少なかれ何かしらの肌のかゆみを経験するようです。

かゆい時には、かゆみを抑えてくれる「痒み止めクリーム」があると助かりますよね。
でも、妊娠中に薬を使うことに抵抗がある人も多いと思います。

そこで、この記事では、妊婦さんでも使える痒み止めクリームを、効用や特徴と
合わせてご紹介していきます。

また、妊婦さんがなぜ肌のかゆみを感じやすいのか、痒み止めクリーム以外の対処法も
ご紹介していきます。

この記事を読んで、かゆみで悩む妊婦さんが一人でも減ったら嬉しいです!

妊娠中の肌がかゆくなる原因とは

妊娠中に肌がかゆくなる原因は、実は1つではありません。
また、かゆみの症状も軽い程度から眠れないほどの湿疹まで、人によって違うのです。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、体内ではホルモンバランスが変化します。
特に女性ホルモンの「プロゲステロン」は出産に向けて分泌量が増えます。
このホルモンの影響で、肌がかゆくなると言われています。

生理前に肌荒れやニキビが増える経験はないでしょうか?これも、プロゲステロンの
分泌増加による影響なんです。
プロゲステロンは肌の調子を下げる働きがあるんですね。

肝機能の低下によるかゆみ

また、同じく女性ホルモンの「エストロゲン」が増加することにより、体内では
肝臓の機能が低下します。肝機能が低下すると胆汁が身体に貯まってしまいます。
この胆汁に含まれる「胆汁酸」が肌を刺激して、かゆみを起こすことが分かっています。

乾燥による肌の荒れが原因

妊娠すると、女性ホルモンのバランスの変化によって肌の水分量が不足してしまいます。
肌は乾燥するとバリアが弱くなり、外部からの刺激に敏感になって肌荒れやかゆみを
起こしてしまいます。

妊娠中はつわりで思うように水分が取れない人もいます。また、妊娠すると母体は
お腹の赤ちゃんに水分や血液を送るようになるため、充分水分を摂っているつもりでも
水分不足になりやすいです。そのため、肌が乾燥しかゆみが起きやすいということです。

体温上昇によって汗をかきやすい

妊娠すると基礎体温は上昇し、新陳代謝も上がります。そのため、普段より汗を
かきやすい状態になります。

汗が衣服の中にこもってしまうと、発疹やかゆみを引き起こすことがあります。
特にあせものように赤い発疹ができるケースは要注意です。

妊娠中に起こる皮膚疾患の可能性も

妊婦さんに起こる肌のかゆみの中には、妊婦さん特有の皮膚疾患の可能性もあります。

・妊娠性痒疹:妊娠3ヶ月頃から表れる皮膚疾患。全身や手足に強いかゆみと赤い
発疹が突然現れます。経産婦に多く見られるが、中には初産婦も稀に発症します。

・多形妊娠疹(PEP,PUPPP):妊娠後期に発症する皮膚疾患。痒みとともに蕁麻疹の
ような赤い発疹が広い範囲にできる病気です。太ももやお尻、二の腕などにできやすく、
初めての妊娠の妊婦さんや多胎妊婦によく見られます。

・妊娠性そう痒症:妊娠後期に起こる皮膚疾患。妊娠性痒疹や多型妊娠疹と異なり、
強いかゆみはあっても発疹が見られないのが特徴です。痒みが強いのでひっかいて
しまうことが多く、掻き傷や跡が残ってしまうことがあります。

・アトピー性皮膚炎の悪化:もともとアトピー性皮膚炎を持っていた人が、
妊娠により症状が悪化するケースがあります。特に首回りや乳首など皮膚が薄い
ところに発疹やかゆみが出るケースがあります。

デリケートゾーンのかゆみはカンジダ膣炎の可能性も

人には相談しづらい分、意外と多くの妊婦さんが悩んでいるのがデリケートゾーンの
かゆみです。妊娠によりおりものが増加し、抵抗力が低下することでかゆみが
起きることが多いです。

また、尿漏れが起きやすくなり、デリケートゾーンが蒸れやすいのも
原因のひとつです。

中には、我慢できないほどのかゆみやかぶれが起こる事があります。
このケースはカンジダ膣炎にかかっている可能性があり治療が必要です。

カンジダは女性の体内に通常存在している菌ですが、妊娠により抵抗力が
低下することで菌が繁殖し、感染症を起こしてしまうのです。

膣周辺がかゆみだけではなくヒリヒリする場合や、おりものが白くポロポロした塊に
なっている場合は、カンジダ膣炎を疑ってみてください。

妊婦の肌のかゆみ、対処する方法は?

では、これらの肌のかゆみはどのように対処するのがいいでしょうか?
改善方法をまとめました。

肌の保湿ケアを念入りに行う

乾燥による肌のかゆみには、保湿が一番の解決法です。
かゆみに加えて肌のカサカサや粉ふきが気になったら、保湿クリームを
使ってケアをしましょう。

妊婦さんは肌が普段より刺激に弱くなっています。また、かゆみを生じている時は
肌のバリアがかなり弱っている状態です。なるべく肌に刺激をかけないよう、
低刺激の成分のクリームや妊婦さん専用のクリームを使うのがおススメです。

また、保湿クリームを塗る時は、1日数回こまめに塗ることで保湿力がアップします。
たっぷりと保湿クリームを手に取り、優しく塗るのがいいですよ。

妊娠線ができる前にも、肌はかゆみを生じやすいです。ですので、予防も兼ねて
妊娠線専用の予防クリームを使って保湿する方法もおススメですよ。

肌への刺激を極力さける工夫をする

刺激に敏感な肌を守る工夫は、日常生活の中でもできます。

お風呂に入る時は、熱いお湯は肌に刺激を与え、水分の蒸発を促進してしまいます。
なるべく妊娠中はぬるめのお湯につかるのがおススメです。また、ボディソープも
低刺激のものに変えるとよいでしょう。

かゆい時はついナイロンタオルでゴシゴシしたくなりますが、それは肌には
良くありません。たっぷりの泡で優しくあらいましょう。
お風呂上りにも、バスタオルでふき取る時は優しく抑えるように。

たったこれだけのことで、かゆみが楽になることもありますよ。

かゆみが辛い時は、早めに皮膚科に相談しよう

保湿や日常の工夫でもかゆみがおさまらない時や、発疹やかぶれなど他の症状が
ある場合は皮膚疾患の可能性も考えられます。
早めに皮膚科に相談し、適切な治療を行うようにしましょう。

皮膚科では、主に痒み止めクリームなどの外用薬を処方されます。ステロイド成分を
含む薬を処方されるケースも多く、妊婦なのに使って大丈夫?と不安になる人も
いるようです。しかし、ステロイド剤は、適切に使えば妊婦さんが使っても
問題ないことが分かっています。

せっかく処方された薬を使わずにかゆみを我慢して悪化させるよりも、
早めに薬を使って症状を良くするほうが、お腹の赤ちゃんにとってもストレスが
少なくて済みますよね。

ぜひ我慢せずに、早めに治療するようにしてくださいね。

痒み止めクリームは上手に使う事が大事

「なかなか皮膚科に行く時間が取れない」「わざわざかゆみ程度で皮膚科に行くのに
抵抗がある」という人は、市販の痒み止めクリームを使って症状を抑えたいと思いますよね。

市販の痒み止めクリームを使うことで、一定の効果を感じる事ができるケースも
多くあります。一方で、市販薬に含まれる成分によってかゆみが悪化したり、
かゆみが治まらず長引くケースもあります。

ですので、妊婦さんが痒み止めクリームを使うのは、実は少し慎重になった方が
よいと言えます。

特に、クリームの使い方には注意が必要です。
妊娠中に避けた方が良い成分を含むクリームもありますので、
市販の痒み止めクリームを長期間、あるいは大量に使うのはあまりおススメできません。

どうしてもかゆくて辛い時や、病院に行くまでの期間など、一時的に強いかゆみを
抑える程度に使用を控えておくのがよさそうですね。

また、市販の痒み止めクリームには様々な種類がありますので、妊娠中でも
安心して使えるものを選ぶようにしてくださいね。

デリケートゾーンのかゆみは専用シートでケア

おりものや尿漏れが原因でデリケートゾーンがかゆい場合は、おりもの専用の
シートや尿漏れライナーを使ってケアするのがおススメです。

おりもの専用シートは薄く通気性が良く、おりものを吸収してさらっとした状態に
保ってくれます。また、尿漏れライナーは水分をよく吸収する性質があります。

専用シートを買うのが面倒、あるいは勿体ないと言って、生理用ナプキンで代用している
人も中にはいます。しかし、ナプキンは通気性が専用のものよりも良くなかったり、
水分を上手に吸収できないケースもあります。できればおりものや尿漏れ専用の
ものを使うのがいいですね。

肌のかゆみに「掻きむしる」はNG!

肌が弱っている時に肌を掻きむしってしまうと、かゆみを引き起こす
ヒスタミンを誘発する成分「神経ペプチド」が増えかゆみを悪化させてしまいます。
つまりは、かゆい時は掻くと余計にかゆくなるんです。

ですので、かゆい時は辛いかもしれませんが我慢して、保湿剤やかゆみ止めクリームを
塗って刺激をしないことが大事です。

どうしてもかゆみが引かずに辛い時は、かゆい部分を一時的に冷やしてみてください。
かゆみは熱を持つと強くなるので、冷やすことでかゆみが少し治まるケースがあります。
ただし、これは一時的な解決法で、根本的にかゆみを改善することはできません。

肌のかゆみに効く「痒み止めクリーム」の効果と成分

肌のかゆみを抑える「痒み止めクリーム」は、医師の診察のもと処方される処方薬や、
ドラッグストアや薬局で手に入る市販薬があります。
痒み止めクリーム、と言っても、その効能や成分は様々です。

痒み止めクリームに含まれる成分

痒み止めクリームに含まれる成分は、大きく分けて「肌のかゆみや炎症を抑える成分」と
「肌を保湿する成分」に分かれます。

かゆみや炎症を抑える成分

かゆみや炎症を抑える成分は、主に「抗ヒスタミン成分」です。
肌のかゆみは、ヒスタミンという成分が主に肌を刺激して起こしています。
そのため、ヒスタミンの生成を抑えることで「痒みのもとを止める」効果が期待できます。

また、ステロイド成分もかゆみや炎症を抑える成分のひとつです。
ステロイドは腎臓の上にある副腎で作られるホルモンの一種で、これを
人工的に加工した成分が薬に使われています。

ステロイドは炎症を抑える効果が高いのが特徴で、炎症を起こしている細胞そのものを
抑えるだけではなく、かゆみを感じる神経の活性化も抑えてくれます。
そのためステロイドは効果が早くて高いのが特徴で、医療医薬品にも多く含まれています。

ただし、効果が高い分副作用の心配もあり、妊婦さんが使うには特に注意が必要なんですね。

保湿剤

肌の保湿力を上げ水分を保つ効果が高い成分は、いくつもあります。
代表的な成分はコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、尿素、ワセリン、ビタミンC、
ワセリンなどです。

ヘパリン類似物質

また、肌のかゆみや乾燥を改善する物質には、「ヘパリン類似物質」と呼ばれる成分も
あります。
これは、体内にあるヘパリンに似た成分の物質で「抗炎症作用」「保湿」に加えて
「血行促進」の効果もあり、皮膚炎など乾燥肌の治療に使われています。

妊婦も使える痒み止めクリーム・市販薬

ここからは、妊婦さんが使える市販薬の痒み止めクリームをご紹介します。

ユースキンアイ

乾燥肌の改善に効果がある「ユースキン」シリーズの中で、より乾燥肌に効果がある
クリームです。ステロイド成分は含まれておらず、柔らかいクリームで妊娠中の
カサカサ肌にも塗りやすいのが特徴です。

べたつきも少なく、塗ってすぐに衣服が着れるのも人気です。

成分は主に、抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミンと抗炎症成分の
グリチルレチン酸です。保湿成分に尿素は含まれず、さっぱりとした塗り心地です。

メンソレータムADクリームm

乾燥肌のかゆみに効果が高いと評判の痒み止めクリームです。
3つの痒み止め成分「クロタミトン」「リドカイン」「ジフェンヒドラミン」がかゆみを
素早く抑えてくれ、辛いかゆみに効果的です。
保湿成分はグリセリン配合で伸びが良いクリームです。

メンタームEXソフト

こちらも乾燥肌のかゆみに効果が高いクリーム。かゆみが伝わるのを抑える
「リドカイン」がしっかりとかゆみの広がりを抑えてくれます。パンテノールと
いう成分が肌の正常な働きを促進してくれるため、かゆみを鎮めて肌の状態を
元に戻してくれるクリームです。

非ステロイドで尿素やメンソール、香料や着色剤も入っていないので、
妊婦さんでも安心して使えます。

ムヒソフトGX

痒み止め成分に加えて、肌の新陳代謝を高めて細胞を活性化する成分が多く含まれて
います。そのため、かゆみを一時的に止めるだけではなく、肌そのものを修復する力が
高いクリームです。血行促進の効果があるビタミンEも配合。
肌を正常な状態に戻してくれます。

エンクロン軟膏EX

かぶれやあせも、虫刺されによるかゆみを抑える効果が高い痒み止めクリームです。
ステロイド成分が入っていますが、体内に吸収されると低活性となる性質を持つ
「アンテドラッグ」のため妊婦さんでも安心して使えます。湿疹などにも塗りやすい軟膏タイプです。

フルコートf

軟膏タイプの痒み止めクリームで、ストロングランクのステロイド成分「フルオシノロンアセトニド」が
含まれています。そのため、塗ってからかゆみが治まるまでの時間が短く、即効性が期待できるクリームです。
早く症状を抑えたい人には適していますが、用量や用法には注意が必要です。

ベトネベートN 軟膏AS

こちらも軟膏タイプのステロイド外用薬です。「ベタメタゾン吉草酸エステル」がかゆみや湿疹に
効果が高いです。医師の処方せんが必要な「ベトネベートN 軟膏」よりはステロイド成分が
低いですが、使用する時は注意が必要です。

新レスタミンコーワ軟膏

ステロイド成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が、一般用医薬品として配合できる上限量
含まれている痒み止めクリームです。即効性が高く、湿疹やかゆみをすぐに
抑えてくれる効果があります。柔らかく塗りやすい軟膏タイプです。

オイラックスデキサS軟膏

肌荒れやかゆみに効く「オイラックス」シリーズの中でステロイド成分が含まれた軟膏タイプの
痒み止めクリームです。デキサメタゾン酢酸エステル配合で、つらいかゆみや湿疹に効果が高いです。

デリケアb

デリケートゾーンのかゆみに効果がある痒み止めクリームです。おりものや尿漏れによる
デリケートゾーンのかゆみや炎症を素早く止めてくれます。ステロイド成分が
含まれていないので、妊婦さんも安心して使えます。

フェミニーナ軟膏

こちらもデリケートゾーンのかゆみに効果がある痒み止めクリームです。べたつきが少ない
クリームで塗りやすいのが特徴です。クリームタイプ以外にスプレーやジェルタイプもあり、
使用感が選べるのも人気の理由です。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠中の辛い肌のかゆみが続くと、寝不足やストレスなどにもつながりお腹の赤ちゃんにもよくないですよね。
保湿クリームや痒み止めクリームを上手に使って、早めにかゆみが改善することを願っています。

-妊娠中のかゆみ対策

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.