マタニティ下着

妊娠中にユニクロのブラトップが苦しい理由と対処法。実際に実践した方法

投稿日:

こんにちは!40歳で男の子を育てているママです。

妊娠するとバストが張りサイズが大きくなりますよね。
これは出産後の授乳に向けて身体が準備を始めた証拠です。
普段小さめのバストで悩んでいた私は、妊娠してまもなく
大きくなった胸に喜びを隠せませんでした(笑)

しかし、同時に始まった悪阻が非常に苦しく、ブラジャーがきつく
感じてしまいました。ちょうどアンダー部分が胃の当たりに来るので、
圧迫されて気持ち悪くなってしまいました。

ネットでユニクロのブラトップが妊娠中楽だと聞き、早速買ってみました。
でも、いざつけてみると苦しい!!全然楽じゃない!
でも外出時は特にブラ無しでお出かけはできないし・・・と困りました。

そこで、私がとった対策をご紹介します。

妊婦さんに人気の「ブラトップ」の特徴とは?

そもそも私は「ブラトップ」という商品がある事を、
妊娠して初めて知りました。

「ブラトップ」とは商品名で、いわゆるカップ付きのキャミソール全般を指します。
ユニクロが最初に発売したブラトップが大ヒットとなり、今では
定番のインナーですよね。

ブラトップは妊娠中や産後の授乳期のインナーとして人気が高いだけでは
ありません。ヨガやピラティスなどの運動時にも着用が可能です。また、
自宅でリラックスしたい時や睡眠時のインナーに使う人もいて、
その用途は様々なんですね。

なぜ妊娠中にブラトップが人気なのか

ブラトップは特に妊娠中の人に使い勝手が良いと口コミを中心に大人気です。
その理由についてまとめてみますね。

ワイヤーがないので痛みや締め付けが少ない

ブラトップの最大の利点は、アンダー部分のワイヤーがなく
ゴムで支えるタイプという点です。
このワイヤーが無いだけで、着けている時の締め付け感が全くなく、
不快感が少ないのです。

妊娠すると、ママの身体では産後に母乳が出るように乳腺や乳管が
発達し、自然とバストが大きくなります。中には妊娠中に2サイズも
アップした人もいて、妊娠前のブラジャーが合わなくなることがほとんどです。

特にアンダー部分が小さいと、直接身体を締め付けることになるので、
妊娠中の不快感につながりやすいんですね。

その点、ブラトップは着け心地が楽で、妊娠期間を快適に過ごせると高評価です。

通気性が良い素材が多いので、体温が高く蒸れやすい妊婦に最適

ブラトップの中には、妊娠期や授乳期に主に使えるマタニティインナーと
して販売されている商品もあります。これらは妊娠中の身体に合わせて
作られているため、更に快適な着心地になっています。

具体的には、妊娠中体温が高く汗をかきやすい妊婦さんに合わせて、
通気性の良い素材でできているブラトップがあります。また、妊娠中は
肌が刺激に弱くなるため、綿やオーガニックなど肌に優しい素材の
ブラトップもあります。

刺激に敏感な乳首部分があたるカップだけ取り外せるタイプや、
手軽に手入れできるタイプもあります。

出産後も授乳しやすいタイプが多い

マタニティインナーとしてのブラトップの中には、産後に授乳キャミソールと
して使える商品も多くあります。授乳時には上からカップ部分を下げて
サッと授乳できるので、とにかく楽なんですよね。

価格が手頃で買い足ししやすい

私が買ったブラトップは、当時1枚1,990円でした。
妊娠前に使っていたブラジャーは、ショーツとセットで10,000円以上は
軽くしますのでこのコストパフォーマンスの良さには正直驚きました。

最初に買ったブラトップが合わず、後日サイズを上げて買いなおしましたが、
それでも普段の下着よりは随分安い!気軽に数枚買えて助かりました。

妊娠中はインナーだけではなく洋服もサイズが合わなくなってくるため、
マタニティウエアの購入など何かとお金が必要ですよね。だからこそ、
安価で手軽に買える安いブラトップはとても重宝しました。

ブラトップが苦しく感じる理由とは

そんなメリットだらけのブラトップですが、私が感じたように
実際使ってみると「苦しくて使えない」という声は多いようです。
そこで、なぜブラトップが苦しく感じたのか、私なりに分析してみました。

自分が思っているよりも、早くサイズアップしている

ブラトップを購入する時、事前にサイズチェックしてからお店へ。
普段使っているブラジャーのサイズから調べると、私はSサイズが
ちょうど良さそうでした。

でも妊娠して明らかにバストが大きくなっていることもあって、
2サイズ上げてLサイズを買いました。

しかし、これでも着てみると苦しい。特に胸の部分が窮屈なんです。
どうやら私の場合は、2サイズのアップでは済まなかったようです。

妊娠中、バスト以外の部分も大きく成長しますよね。特にお腹は
急に膨らみ始めます。自分が思っている以上に、妊娠中は身体のあちこちで
サイズが大きく変わるのだと実感しました。

そして後日XLサイズのブラトップを購入。着てみると、バスト部分は
これがちょうど良かったです。

ワイヤーはないけれど全体的にゴムが苦しい

ユニクロのブラトップの場合、アンダー部分に一周太めのゴムが入っています。
このゴムが普通のブラジャーのワイヤーのような役目をして、バストを
多少ホールドしてくれます。

このゴムが見た目以上にキツイ!
特に、ゴム部分は胃のあたりに来るので、妊娠初期は胃を圧迫して
とても苦しく感じました。

また、妊娠が進みお腹が膨らむと、子宮が胃を圧迫して持ち上げます。
そのため胃が上に上がり、ゴム部分くらいの位置までくる形になります。
きつめのゴムは直接胃を圧迫するようになるので、苦しくて
たまらなくなるんですね。

妊娠中のブラトップ、使って分かったデメリットとは

また、実際に使ってみて感じたブラトップのデメリットもいくつかありました。

サイズの調整ができない!

一番のデメリットは、アンダー部分のサイズ調整ができない点でした。

普段のブラジャーであれば、アンダー部分のホックで胸周りの
サイズ調整が簡単にできますよね。しかしブラトップはゴムが
入っていて被るタイプのインナーなので、調整ができないのです。

スポッと被って着る手軽さの反面、一度小さくなるとそれ以上は
使えなくて勿体ないと感じました。

アンダーバストはかゆみが起こりやすいので注意が必要

また、先ほども言った通り、アンダー部分のゴムが思いのほか窮屈でピッタリ。
これにより、私は肌荒れを起こしてしまいました。ゴム部分が当たる箇所に
汗がたまり、発疹ができかゆくて仕方なくなったのです。

妊娠中は肌がいつもより敏感になり、かゆみが起こりやすくなります。
通気性が良い素材だからと安心していたらかゆくなってしまい、
とにかくショックでした。

ブラトップが苦しいと感じたらできる対策

このように、ブラトップの快適さを実感した一方で、締め付けによる
苦しさとかゆみでブラトップをやめようか迷った私。でもせっかく
買ったし勿体ない、と工夫して使う事にしました。

サイズを大きくする

Lサイズで窮屈だったので、XLサイズを2枚買いなおしました。
その結果、初めに感じた苦しさや締め付け感はなく、バスト部分は
かなり快適になりました。

ゴムを一部カットする

しかし、どうしても気になったのがアンダー部分のゴムの締め付け。
そこで調べてみると、「ゴムを切って使ったら楽になった!」という
声がたくさんあったんですよね。

そこで私も、思い切ってブラトップのゴムをカットしてみました。
ゴム部分に数か所、ハサミでカット。ゴムをわざと緩くしました。

その結果、着てみるとまったくアンダーが苦しくなく、程よく
バストをホールドしてくれるようになりました。
普段のブラジャーのような苦しさもなく、着けている感じがなくてとても快適!

早くカットしておけば良かったかも・・・と多少後悔しました。

他の授乳キャミソールに変える

私の場合は、ゴムのカットで悩みが解決しました。
でも、それでもダメな場合は他のメーカーの授乳キャミソールに
変えてみるのも一つの手かもしれませんね。

他のメーカーも試しましたが、確かにユニクロのブラトップは
アンダー部分やバスト部分が少々きつめのサイズ設計です。
恐らくですが、エクササイズにも使える仕様なので、ある程度
バストをホールドするためではないかと思います。

一方、妊娠期用のキャミソールやブラトップは、激しい運動には
使わない前提なので、サイズがゆったりのものもあります。

どうしても苦しい時は、マタニティインナー用のブラトップに
変えてみるのも一つの手だと思います。

妊婦さんに人気が高いおすすめブラトップ

多くの先輩ママが使っているブラトップの中でも、実際に妊娠中に使ってよかった!と
声の多いブラトップをご紹介します。

・エアリズムブラキャミソール…ユニクロのブラトップはやっぱり人気!
サイズが合えばかなり高品質な商品です。
シルエットも綺麗で胸のホールド力も抜群。それでいて低価格なのが嬉しいですよね。
通気性の良い素材を使っているので夏場でも安心です。

・GUブラフィール…GUで人気のカップ付きインナー「ブラフィール」は、ユニクロよりも
価格が安い990円~で人気です。夏はこれ1枚で、家で過ごすという人もいるくらい快適なんですよ。

・無印良品シルク入りカップ付タンクトップ…肌が敏感な人におススメな1枚。
オーガニック素材にシルクが入っていて、肌触りがとても良いです。
着丈が長めでお腹や腰回りをサポートしてくれるのも人気の理由です。

・ニッセンカップ付インナー…通販で人気なのがニッセンのブラトップ。アンダー部分にゴムがないため、
かゆみや締め付け感がないそうです。吸汗素材ですぐに乾くのも嬉しいとの声があります。

ブラトップが苦しいと感じる時は妊娠線にも注意

こうして、買ったブラトップに一工夫して快適な生活を手に入れた私ですが
ブラトップ対策を調べているうちに、一つ気になることを知りました。
それは、妊娠線についてです。

ブラトップが苦しい理由のひとつに、バストが妊娠によって
大きくなっている可能性があるとお伝えしました。バストが大きく
なる時、実は妊娠線ができやすい注意したい時期だというのです。

妊娠線は、妊娠中に急激に皮膚が引っ張られることによって、
その力に耐えられずにひび割れを起こしてしまう現象です。
ブラトップが苦しく感じるタイミングで、バストのサイズが
急に大きくなっている可能性もあります。まさに皮膚が伸び、
妊娠線ができてしまいやすいタイミングだと言えます。

また、妊娠中の急激な体重増加はとても危険です。
急に体重が増えることで、バストやお腹、お尻など急に成長することがあります。
この時皮膚に急激な力が加わるため、妊娠線や肌のかゆみに
繋がってしまうことがあります。

妊娠線を予防するためには、専用の妊娠線クリームを使う方法がおススメです。
私は、妊娠線クリームの「アロベビーフォーマム」でケアした結果
妊娠線を作らずに済みましたよ。

まとめ

妊娠中のブラトップは、上手にサイズを合わせて使えばかなり
快適に過ごせることができる優れたアイテムです。

ぜひお気に入りのブラトップを使って、楽ちんなマタニティライフを
過ごしてくださいね!

-マタニティ下着

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.