妊娠中かゆみの種類

妊娠性そう痒症とはどんな症状?治るの?気になる妊娠中の皮膚トラブル

投稿日:

妊娠すると、身体に様々なトラブルが現れることがあります。その中でも、肌のかゆみに悩まされる
妊婦さんは多く、夜眠れないケースもあるようです。実は私も妊娠中に突然全身かゆくなり、毎日寝不足に
悩まされました。仕事中も集中できませんし、夫へイライラして当たってしまうこともありました。

そこで、なぜ妊娠中に肌がかゆくなるのか調べてみた所、「妊娠性そう痒症」という症状がある事を知りました。
調べると、私の症状と同じ部分が多く、これかもしれない!と感じたんです。

この記事では、「妊娠性そう痒症」がどのような疾患なのか、どう対処すればよいか調べたことをご紹介していきます。
同じように妊娠中の皮膚のかゆみで悩んでいる人の参考になれば幸いです!

妊娠性そう痒症の症状とは

妊娠性そう痒症(にんしんせいそうようしょう)とは、妊娠後期に起こりやすい皮膚の疾患です。
代表的な症状は、全身に起こる激しいかゆみです。ただ、かゆみに反して発疹や赤みなど見た目の
変化はないのが特徴です。

特に手や足にかゆみが集中することが多く、昼間よりも夜かゆみが気になって眠れないという人が
多くいます。

発疹や赤みはないものの、かゆすぎてつい掻きむしってしまう人が多く、ひっかき傷や色素沈着など肌荒れの
トラブルを引き起こしやすい疾患です。

妊娠性そう痒症の原因

妊娠性そう痒症は、妊娠中のホルモンバランスが変化し肝臓の機能が低下することが主な原因だと
考えられています。お腹の赤ちゃんが成長するとともに、子宮が大きく膨らみますよね。この影響で
子宮が胆嚢を圧迫し、胆汁の分泌が抑えられうっ滞が起こります。

胆汁がうっ滞すると、ビリルビン酸などが皮膚に貯まってしまい、刺激によって強いかゆみが現れることが
あります。これが妊娠性そう痒症の原因だと言われています。

ですので、妊娠性そう痒症はお腹が大きく膨らむ妊娠後期に起こりやすい疾患ですが、
中には妊娠中期から突然起こる人もいるようです。

妊娠性そう痒症かな?と思ったら、まずは医師に診てもらおう

肌の見た目の変化がなく、突然かゆみが現れた時は妊娠性そう痒症の可能性が高いでしょう。
その場合、まずは医師の診察を受けるのが一番です。

基本的に皮膚疾患は、専門医である皮膚科で診てもらうのが一番の近道です。しかし、妊娠中の
他のトラブルの可能性も考えられますので、まずは産婦人科に行くのがおススメかもしれません。
産婦人科の先生から連携の取れる皮膚科を紹介してもらえればより安心ですよね。

妊娠性そう痒症は薬で症状を抑える

医師の診察を受けた後、恐らくほとんどのケースで薬を処方されます。患部の症状にもよりますが、
掻きむしって傷ができている場合はステロイドの外用薬でかゆみを抑えることが多いです。また、
抗アレルギーや抗ヒスタミンの内服薬を処方されることもあります。
胆汁のうっ血の改善には、産婦人科で治療薬や改善法を指示されることもあります。

ステロイドはお腹の赤ちゃんに影響はあるのか?

妊娠中に薬を使うことに抵抗がある人もいるでしょう。特に妊娠性そう痒症の場合、ステロイド剤を
使う事をためらい、結果的にかゆみが悪化してしまう人が多いようです。

しかし、ステロイドに関しては、基本的には赤ちゃんへの影響はないとされています。用量や用法を守り、
長期間使い続けなければ副作用もまず出ない事が分かっています。

医師からステロイド剤を処方された際は、安心して薬を使うのがおススメです。薬を使って症状を
和らげることで、ストレスも軽減するはずです。

皮膚のかゆみを病院で診察してもらうメリット

妊娠性そう痒症をはじめ、妊娠中には多くの人が皮膚のかゆみを感じているようです。中には保湿で
改善した、市販の塗り薬で良くなったという声も多くあり、わざわざかゆみ程度で病院に行くのは
どうかな・・・とためらってしまうかもしれません。

しかし、皮膚のかゆみこそ、早めに医師に診てもらう事がとても重要なんです。
妊娠性そう痒症を含めた皮膚疾患は、妊娠中でも外用薬や内服薬で症状を改善することが一番の近道です。
基本的には出産時まで症状は続くことが多く、出産後に治るケースが多いため、長期間かゆみと付き合わないといけません。

妊娠中は他にも身体の変化やホルモンの変化による気分の変化があり、不安やストレスがつきものですよね。
かゆい状態が長く続くと、イライラが更に募ってお腹の赤ちゃんにもよくないです。

ですので、皮膚のかゆみには無理な我慢をせず、適切な治療薬を使って早めに対処することが重要です。
医師が判断し処方した薬は、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて出されているものがほとんどです。
どうしても不安という場合は、医師に相談して妊娠中でも使いやすい薬を出してもらう事も可能でしょう。

また、皮膚科と産婦人科との連携が取りやすいのも、早めに診察を受けるメリットです。市販薬で
対処しようと思っても、自分で買った薬が果たして良い物かどうか自分では判断しづらいですよね。
処方された薬なら、お薬手帳などですぐに内容が確認できますので、産婦人科の先生も安心できます。

お腹の赤ちゃんの事を思うのであれば、自己判断や自己治療はなるべく避け、早めに医師に
相談してみてくださいね。

妊娠中に起こりやすい皮膚の疾患

妊娠性そう痒症を疑った私ですが、調べていくうちに他にも妊娠中に起こりやすい皮膚疾患が
あることが分かりました。妊娠性そう痒症とよく似ている所と、少し症状が違うところがあり
素人では判断がしづらいかもしれません。

しかし、妊娠性そう痒症の症状とは少し違うかも・・・という人も、かゆみの原因が他の皮膚疾患の
可能性があるかもしれません。これから紹介する皮膚疾患かも!?と思ったら、妊娠性そう痒症と同様
早めに医師に診察してもらう事をお勧めします。

妊娠性痒疹

妊娠性そう痒症のように、全身に強いかゆみが起こる皮膚疾患です。妊娠3ヶ月頃と早い時期から
かゆみが現れる点と、赤みのある発疹が手足や全身に見られる点が妊娠性そう痒症と大きく異なります。

妊娠性痒疹は、主に経産婦に起こりやすい皮膚疾患です。しかし、中には初産婦でも見られることが
稀にあるようです。妊娠性痒疹の原因は実は明らかにはなっておらず、妊娠によるホルモンバランスの
変化や、何かしらのアレルギー反応ではと言われています。

治療方法は、妊娠性そう痒症と同様主にステロイド外用薬を使って肌の炎症を抑えます。また、症状に
よっては抗アレルギー剤や抗ヒスタミン薬を使う事があります。

出産と同時にかゆみが治まることがほとんどですが、一度発症すると次の妊娠で再発することもある疾患です。

多形妊娠疹(PEP、PUPPP)

初産婦に多く見られる皮膚疾患が多形妊娠疹です。妊娠後期に発症することが多く、手足やお腹周りに
かゆみと発疹が見られます。できてしまった妊娠線の周りにもできる事があり、妊娠線の周りに赤い
ぽつぽつが見られたら多形妊娠疹の可能性が高いです。

妊娠線痒疹との区別がつきづらく、治療法は同じくステロイド剤を用いることが多いです。

アトピー性皮膚炎の悪化

妊娠前から持病でアトピー性皮膚炎を患っている人は、妊娠により悪化するケースも見られます。
これは、妊娠したことで体内のホルモンバランスが乱れることや、体温が高くなり汗をかきやすく
なることが影響するためだと言われています。

基本的に治療は保湿とステロイド剤を使います。また、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を
服用することもあります。

小さい頃にアトピー性皮膚炎があり、成長とともに症状が落ち着いていた人は特に注意が必要です。
妊娠とともに突然湿疹が出ることがありますので、こまめに保湿をして早めに対策しておくといいでしょう。

妊娠腫瘍(血管拡張性肉芽腫)

妊娠中にできやすい腫瘍で、一度出血するとなかなか止血しない血管腫です。赤いできものが突然でき
大きくなり、少しの刺激で出血し、血が止まりにくい症状です。頭や手指にできやすいのが特徴で、
妊娠により女性ホルモンの濃度が高まることが原因だと考えられています。

肉芽腫ができた場合は出血しないように注意を払うことが一番大事です。また、ステロイド剤や
液体窒素療法で出産まで様子を見たり、中には手術で切除するケースもあります。

基本的には出産後に自然に小さくなるものなのでそれほど心配はいりません。しかし、稀に
悪性腫瘍のケースもあるので、気付いたら早めに医師に診てもらいましょう。

妊娠中の皮膚トラブル以外にもかゆみの原因となるものがあった!

また、妊娠中の皮膚疾患以外にも、肌がかゆくなる原因がある事を知りました。

妊娠線ができる兆候?

妊娠中の肌のかゆみで最も多いのが、妊娠線ができる兆候です。
妊娠線とは、皮膚が急に伸びることでできる皮膚内部の肉割れの事を言います。
妊娠中期、お腹やバストが急に大きくなる時期に起こりやすく、赤紫の線が突然現れる現象です。

この妊娠線ができる直前に、皮膚には徐々に力がかかって伸びようとしています。
この時期に、皮膚は薄く弱くなるため、外部の刺激によってかゆみを生じやすいのです。

妊娠線ができやすいお腹やバスト、お尻や二の腕など特定の箇所でかゆみを生じている場合は、
妊娠線の兆候かもしれませんね。その場合は、早急に妊娠線ケアをするのがおススメです。

食べ過ぎや急な体重増加による皮膚の伸び

また、妊娠線と同じく、急な体重増加によって脂肪が増えると、皮膚は急に力がかかりかゆみを
生じやすいです。特につわりが終わった後や妊娠後期に体重が急激に増えた場合は、体重管理を
意識するといいかもしれませんね。

妊娠中に自宅でできる肌トラブルの回避法

皮膚科に行って薬を処方してもらい、肌のかゆみは少し治まりました。しかし、完全に治すことは
難しく、時々かゆみが辛くて困ることがありました。
そこで、自分でもなるべく肌に刺激を与えないように生活の工夫をしてみました。

肌に優しい衣服や下着に変える

かゆみが特にひどかったのが、下着が直接触れる部分でした。なので、下着をなるべく刺激が少ない
綿素材のものに変えてみたところ、かゆみが少し落ち着きました。
綿素材は通気性が良く、汗も吸収してくれますのでおススメです。

マタニティインナーの中には綿のタイプもありますので、自分に合うものを選んでくださいね。

肌に良い栄養を含む食材を多く摂る

体内から肌のケアをしようと思い、ビタミンCやビタミンEを豊富に含む食材を多く食べるように
心がけました。ビタミンCは美肌のもとになるコラーゲンを作る働きがあり、肌の保湿に効果的です。
ビタミンEは肌の血行を良くする効果があるので、こちらも肌荒れに効果的です。

ビタミンCは主に果物や野菜、ビタミンEはナッツ類や豚レバーに多く含まれているので、
これらを意識して食べるようにしました。また、サプリを同時に摂ることで更に栄養補給をしました。

直接の紫外線をなるべく避ける

妊娠中は特に紫外線によるシミができやすく、肌が刺激を受けやすいそうです。
夏の時期は日傘やアームカバーを使い、直射日光をなるべく避けるようにしました。

お風呂の入り方を工夫する

熱いお湯をかけるとかゆみが増してしまう事が多かったので、極力お風呂はぬるめのお湯を
使うようにしました。そうすると、肌の赤みやかゆみも少し治まりました。また、長風呂は避け、
ボディーソープも低刺激のものに変えました。

また、意外と大事なのがバスタオル。お風呂上りについ擦ってしまってたのですが、これをやめて
肌に優しい素材に変えました。そうすると、かゆみが落ち着きました。

まとめ

私は、皮膚科で処方されたステロイド剤とアロベビーフォーマム、アロベビー 葉酸サプリ、そして
自宅でのセルフケアを行いました。その結果、妊娠後期にひどくなったかゆみは出産前には
徐々に落ち着き、出産後はすっかり良くなりました。

妊娠中はかゆみ以外にもマイナートラブルが起こりやすい時期です。
何か辛いことがあれば、早めに対処していくことがとても大事ですよね。

今この記事を読んでいる人は、ひどいかゆみに悩まされているかもしれませんね。
そんな時は少しでもかゆみが治まるように、できる事はやってみてください!
長いマタニティライフ、少しでも楽しく過ごせることを願っています。

-妊娠中かゆみの種類

Copyright© 絶対に妊娠線を予防したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.